Beit『スマイル・エンゲージ』で世界が笑顔になる

2015年(独断と偏見による)アイドル楽曲大賞ノミネート作品にして、トップ3に入るであろう楽曲、2作品目に出会った。

 Beitの『スマイル・エンゲージ』という曲である。

 
「ドラマチックアイドル育成カードゲーム」と銘打たれた、アイドルマスターSideMというソーシャルゲーム発のユニットのシングルで、2015年08月03日付オリコンウィークリーCDシングルランキングでは8位を記録した。
 『二次元アイドル』と呼ばれるアニメ・ゲーム界のアイドルが多数現れるようになった今、二次元アイドル戦国時代なのではないかとまで思わせられるのだが、最近二次元アイドル界隈のドア叩いた私はアイドルマスターSideMは全くと言っていいほどノーマークであった。配信開始が昨年であったにもかかわらず、ゲーム自体をインストールしたのは7月21日のことで、私はまだまだ″新米プロデューサー″なのである。
 
そんなわけで、問題の楽曲『スマイル・エンゲージ』に出会ったのはつい最近のことだ。6月30日には視聴が開始されたこの曲であるが、私が耳にしたのは、7月24日に放送されたMステのランキングチャートだった。
 

私がSideMを始めたきっかけは、簡潔に一言でまとめると、推しの声優が出演していたから。鷹城恭二役の梅原裕一郎さんと若里春名役の白井悠介さんである。推しの声優だというのに、どんなキャラクターを演じているのかをよく確認もせずにプロデューサー業を始めたので、始めて2日で高城恭二をスカウトし、CV.梅原裕一郎でおはよう、と言われた時には心底驚いた上にドキドキした。さすがに覚悟なしの梅原裕一郎低音ボイスにはドキドキした。鷹城恭二、推せるかもしれないと思った。

そんなわけなので、Mステチャートを見た時も、「Beitだ~」でも「恭二だ~」でもなく「梅ちゃんだ!」と叫んでしまった。Beitは10位だった。そのまま、同時発売だったHigh×Jokerが9位だった時も、「白井悠介だ!」と叫んでしまった。今思えばプロデューサー失格である。キャラ愛が足りない。Beitもハイジョもごめんね。

その後、とりあえず一回聞いてみっか~、なんて軽いノリでYou TubeでBeitとHigh×Jokerの試聴をすることになる。こんな軽率にあちこち手を出すから沼にハマるし薄くなる財布を見て嘆くんだよ!と過去の自分を叱りたい程度には良い意味で後悔している。試聴して3日でBeitのCDを購入した。史上最短CD購入記録を更新した。

 

youtu.be

 

『スマイル・エンゲージ』、試聴一発目の衝撃が尋常じゃなかった。*1

圧倒的アイドル感。アイドルにしか見せられないキラキラ感。全身で浴びるように感じた。魔法にかけられたようだった。そしてBeitはそれを王子様コンセプトによって確実に倍増させていた。しかもそれをほぼ聴覚のみで私たちに伝えるという素晴らしさに涙が流れた。

普段『アイドル』を観賞する際は聴覚と視覚で楽しむ。歌を聴き、ダンスをする彼らを見る。二次元を卑下するつもりはないが、一生懸命歌って踊って、その一瞬の汗や笑顔や熱気、画面のどこを一時停止してもくるくると表情を変えてみせる、画面だけではない、その先の懸ける思いや越えてきた困難を想像させられる、そんな視覚だからこそ伝わるものが、『三次元アイドル』にはあると私は思っている。しかしBeitはそれらをも凌駕できるような力があると感じさせた。

まず最初に飛び込んでくるピエールの透明感のある歌声。恭二の低く落ち着いた歌声。みのりさんの大人で安心感のある歌声。全員でゆっくりとハーモニーを響かせて曲をスタートさせたかと思えば、いきなりアップテンポへ、Beitは王子様へ私たちはお姫様へと変わり、夢の世界へいざなってくれる。昔読んだお姫様が登場した絵本を読むように曲は続き、王子様だけでなく、忘れずにアイドルらしさまでも感じさせる単語の掛け合いはアイドルファンである私を悶えさせる。サビ前の「Welcome! With Beit!!」でサビへの高揚感を高めさせることも欠かしていない。

サビでは冒頭でスローテンポで歌ったメロディとフレーズが再度アップテンポになって登場することから、落ち着いてゆったりとした優しい王子様と楽しく明るい王子様などといった二面性を垣間見ることが出来る。その後も、「Three,Two,One…Let's Step!!」と曲をさらに展開させ、同じメロディラインが続く。そのパートが脳裏に焼き付いてクセになり、何度も聴きたくなる衝動を抑えられなくなる。

たった2分の視聴動画だが、CDを買うまでの3日間、ずっとエンドレスで聴いた。それほどにこの『スマイル・エンゲージ』という曲には中毒性があった。

CDを購入しようか検討した3日間はBeitについて色々と情報を得ようと奮闘した。幸いにも(?)久しぶりの1日オフがあったを良いことにゲームはもちろんTwitterWiki、二次創作にまで手を出した。おかげで短期間ではあるものの、Beitが15歳から31歳という年齢層の広がりをみせていること、3人ともただの元バイトという経歴をもっているわけではないこと、CP的には恭二とみのりさんが王道でしかも私が大好きすぎたこと、ピエールが大天使過ぎたこと、渡辺みのり(31)の設定が元ヤン元花屋ドルヲタ三十路アイドルという供給過多の上、Pたちに人妻団地妻未亡人などととやかく言われすぎなこと、その他もろもろ基本情報は把握できた。

 中の人の情報も手に入れ、推したい衝動に何度も駆られた。

 

母性本能がくすぐられるのか何なのか、私は何やら「新人」とか「初めて」とかに弱いようで、ピエール役の堀江瞬さん、渡辺みのり役の高塚智人さんが新人声優、しかもデビュー作なんて聞いたら目頭は簡単に熱くなる私。ホリエルが初めてのニコ生でこっちまで緊張するくらいにめちゃくちゃ緊張していたところも、たかPの新人らしからぬ堂々とした態度も推したいなと思わせるポイントになったし、何と言っても新人であそこまで完璧にキャラクターを意識して歌を歌えるところは感心せざるを得なかった。15歳の金髪美少年の歌う声なんて成人男性が表現する技量はいくら声優でも持ち合わせている人は少ないだろうし、31歳の落ち着いた声を10ほども下のしかも新人が完璧に歌うというのは拍手喝采ものだと私は思う。そして以前までは奢られる立場であったうめめが後輩に焼き肉を奢ってあげるというエピソードも大好きだし、率先してお喋りをするという先輩ぶりも可愛いなと思った。

曲、キャラクター、そして中の人と、全てにおいてBeitに関心を持っていかれた私はCDを購入することを決意した。Beitは私にお姫様になる魔法をかけてくれたが、どうやら元に戻す魔法は知らないようだった。

 

「昨日BeitのCDを購入したんだが、スマイル・エンゲージのフルを聴けただけでもかなりの満足感で、そこに想いはETERNITYという系統が違う曲をぶっこんでくるあたり今後に期待すぎるBeit……とにかくスマイル・エンゲージはフルで聴くべき良曲。買う価値あるCDですBeitありがとう」

「スマイル・エンゲージがフルで聴かないと意味がない点として、2番以降の曲の展開の仕方がすごくアイドルっぽいというか、ただの1番の繰り返しじゃない所がもうすごい好き。歌うパートも絶妙で、3人が3人とも合ってるパートを歌ってるのがまた胸熱案件」

「スマイル・エンゲージ聴くだけでお姫様になれる感がすごい。元アルバイトとか他の315プロの子達よりスペック低そうで王子様とは全然真逆の立ち位置にあるのに、あえてそこで王子様路線で挑戦してきた315プロ最高だなぁ」

 

Beitデビューシングルは買って損のない、大変満足なCDだった。

『スマイル・エンゲージ』の2番以降は聴いてショックを受けた。試聴動画をエンドレスしていたから、2番も同様に進むのかと勝手に想像していた。一本取られたみたいだ。Bメロ、1番はみのり、ピエール、そして恭二と2人の掛け合いといった流れで進むのだが、2番は違う。2番は恭二、みのりとここまでメロディは変わらないのだが、次に掛け合いが来るぞ!と意気込んでたら1番とは異なるメロディでピエールのソロステージ、しかも「''愛''はこんな風に生まれるんだね」という歌詞。1つの曲を聴いてこんなにドキドキしたのは初めてかもしれない、というくらいに胸が締め付けられるていっぱいになった。達成感でいっぱいになった。私は何もしてないのに。この1番から2番への発展の仕方が鮮やかで、今でもふと聴いていたのにも関わらず、気を抜くと涙が出そうになるぐらいこのパートが好きだ。

その代わりにサビは控えめに。そして終焉に向けて聴かせどころのCメロと走り続けるBeitを想像させるような間奏へと続く。

間奏を聴きながら、Beitのコンサートに思いを馳せた。きっとBeitの3年後のコンサートでは終盤に『スマイル・エンゲージ』を持ってくるんだろうなと思った。Cメロ冒頭でみのりさんが感動のあまり涙で歌えなくなって、ピエールが涙をこらえながら歌って、恭二が涙を流しながら、でも力強く、「きっとどこまでも」を声の続く限り伸ばし続けるんだろうなと思った。バックの音楽がゆったりめの『スマイル・エンゲージ クラシックバージョン』になるなんてのもいいかもしれない。長くはない間奏だけれど、Beitの未来が見えるような、そんな気がした。

ラストサビ。最後に余韻を残すように、たっぷりとサビを聴かせてくれる。「いつだってヒトツになれる」を繰り返すのも、間のコーラスも、「One more time!」のコーラスも、最後の最後の「キラめく Good time 超えて Sweet time 届け Party time」まで、1番、2番、そしてラストと、何度も登場するサビだけど、全部が違う表情を見せるサビで全く飽きることがない秀逸なサビだった。大大大満足だ。

5分32秒の間、私たちに夢をみせてくれたBeit。1つの曲だけど、物語のようでコンサートようで、大切な彼らのデビュー曲になった。完全にアイドルでした。ただただ純粋に『スマイル・エンゲージ』という曲に出会えて本当に嬉しいし、何故だか誇らしい気持ちもある。『スマイル・エンゲージ』という曲を歌っているのがBeitで良かった。というより、Beitが歌ってる『スマイル・エンゲージ』が大好き!なのである。

 

また、このCDをする価値がある、というのカップリング曲『想いはETERNITY』も『スマイル・エンゲージ』に負けず劣らずの良曲であった、ということも大きな要因であると思う。

 

「想いはETERNITYのJ-POP感がすごいと思って作曲家の方を調べてみたら渡辺未来さんというSMAPとかV6とかにも曲提供してて山Pの「抱いてセニョリータ」作ってる方だった………超特急とかMBLAQにも曲提供してて、こんな方に作ってもらえるなんてBeitと315プロすげぇ」

 

聴いた瞬間、あ、J-POPアイドルだ、と感じた。メロディラインの感じや楽器の使い方がアニメソングはもちろん二次元アイドルっぽくすらなく、違和感のない正真正銘の「アイドルソング」だった。

それもそのはず、作曲家が数々のJ-POPソングを作曲する渡辺未来さんだった。アニソン界隈の作詞作曲事情はよく分からないのだが、アニソンを専門とする作曲家や全くの新人を起用する場合が多いように思われる。それはそれでアニソンならではのキャッチーさが現れて良いと思うが、普段からJ-POPを作曲する作曲家を起用することで、二次元アイドルという枠を超え、既存のアイドルと同じ土俵で戦うことを可能にしていると思う。次元に関係なくアイドルファンなら耳に馴染むであろう楽曲だし、だからこそ二次元アイドルファンだけでなく私のような三次元アイドルファンにも是非聴いてほしいと願わざるをえない。同時に、アイドルらしい楽曲ゆえにBeitというグループがあたかも存在するかのような錯覚にとらわれてしまうといった弊害が生じてしまった。困ったものだ。アニメやゲームはちょっと…と思うアイドルファンにこそ聴いてほしい楽曲である。

しかもこの曲、『スマイル・エンゲージ』とは対極にあるといえる曲で、『スマイル・エンゲージ』が王子様だとしたら、『想いはETERNITY』は戦いに向かう戦士のようなそんなイメージだ。

そう思わせるのは激しめの音の効果だけではなく、歌詞も一役買っているだろう。昨年からBeitを推しているプロデューサーさんには感慨深い一曲だったのでは?と思う。歌詞が痛いほどに涙腺を刺激する。以前のSideMラジオ、315プロNight!で高塚Pが言っていた通り、Beitの3人の暗い過去が歌詞に現れていると思って聴くと胸がかきむしられるほどに痛い。しかしながら、私はこのような俺たち頑張っていくぞ!系の曲に極端に弱い。本人たちの姿や思いが歌詞に投影されているなら尚更である。

もしもこの街ですれ違わなくても 

僕らは出逢うだろう

明日を変えるために

 ラストサビ前のCメロである。ありがちなアイドルソングの歌詞だけど、彼らが歌うことによって真に迫るものがあると思うし、私たちはそれを大切にしていかなければならないと思う。

 

 

長くなってしまったが、この夏Beitに出会えて本当に良かったと思う毎日である。二次元アイドル戦国時代が白熱していくなか、デビュー曲に恵まれるアイドルはそう多くないと思う。デビュー早々オリコンチャートトップ10入りする新人なんてほんの一握りだ。Beitは『スマイル・エンゲージ』という素晴らしいデビュー曲に支えられ、ここで、アイドルとしての一歩を踏み出したのだ。

『スマイル・エンゲージ』という良曲に出会えて本当に良かった、ありがとうBeit。頑張れBeit。

 

ちなみに2015アイドル楽曲大賞ノミネート作品にしてトップ3に入るであろう楽曲1作目はこちら

ジャニーズ知識皆無の私が「勝つんだWIN!」無限ループから抜け出せない - 一瞬よ永遠になれ

*1:ハイジョの曲が好きではなかった、というわけではないことをご理解いただきたい。ハイジョは確実にスルメ曲だった。しかもJOKER↗オールマイティをあとから聴いて、これを最初に聴いたらハイジョ担だった可能性はある。